ベビーカー 簡易型で乳幼児の事故2件・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビーカー 簡易型で乳幼児の事故2件


エェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ

携帯電話の次は今度はベビーカーですか?

ベビーカーを使ってる人は多いですよね。

その簡易型ベビーカーで2件の事故があった。((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

毎年事故はおきてるみたいですがココまでの事故はなかった模様。

安全に作られていても、意外なところで事故っておきるんですね。

「簡易型」などと呼ばれる軽量・折りたたみ式のベビーカーで、乳幼児がフレームの接続部分に指を挟まれ、ほぼ切断する事故が2件相次いだ。国民生活センターが17日公表し、利用者に注意を呼びかけている。
 事故はいずれも昨年11月に東京都内で起き、センターやメーカーなどで状況を調べてきた。1件目は母親が折りたたみ式ベビーカーを開く際、男児(1歳10カ月)がベビーカーのハンドルフレームにつかまり立ちしていたため、接続部分の金具に左手小指を挟み、皮膚1枚を残して骨まで切った。2件目は別メーカーのベビーカーを買った母親が、箱から出してストッパーを外すなどしていたところ、突然ベビーカーが開いた。女児(9カ月)がたまたま車輪と持ち手をつなぐ接続部分付近に手を置いていたため、左手中指を挟まれて同様のけがを負った。
 ベビーカーに手指を挟む事故は同センターに04年度3件、05年度1件寄せられているが、いずれも打撲や切り傷だった。センターはメーカーなどに使用中の危険を排除するよう求めたが、今回の事故を受け、さらに開閉時の安全確保も要望した。
 2件目のベビーカーは製品安全協会の認定基準に合格したことを示すSGマーク表示製品だったが、1件目は違った。ある製造業者によると、簡易型は構造上、基準に適合しない製品が多いという。業界団体の全国ベビー&シルバー用品連合会の竹内貞民事務局長は「折りたたみ部分がある製品には、どうしてもすき間はできる。説明書や箱に目立つように危険性を示すよう、メーカーに伝えたい」と話す。
 また、センターは利用者に向けて「乗車時だけでなく、開閉時も手指を挟む危険があるので、気をつけてほしい」と呼びかけている。

簡易型を使ってる人って結構多いのでは?

毎年事故がおきてるみたいですが、ココまでの事故はなかった模様。

安全に作られてるようで意外なところで事故につながるのがあるんですね。

あー怖い。

(引用元:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。