笑問題・田中、万馬券の配当金・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑問題・田中、万馬券の配当金


いやぁ、こんなこともあるんですね。

爆笑問題・田中、万馬券の配当金は797万円当てたそうです。

かけた金額は4万ちょっとで800万弱(σ・∀・)σビンゴですからね。

いやはやうらやましぃ。

先週末のGIレース皐月賞で見事、万馬券を的中させた爆笑問題の田中裕二が都内で会見を行い、配当金とその使い道などを明らかにした。今回、田中が得た配当金は合計で797万8000円になるという。

 スポーツ紙での予想が見事的中と万馬券を当てたことが報じられると、所属事務所には「いくら当てたのか、何に使うのか」といった問い合わせが殺到し、今回の会見となった田中。「ホントはそっとしておいて欲しかった」としながらも「(競馬)予想の連載もやっているし、隠すつもりもない」と詳細を語った。

 同レースでかけた投資額4万3000円に対して、配当金の合計はなんと797万8000円。3連単で200円を90通り、馬連で5000円ずつ5通りで購入し、その結果がこの配当金になった。レース当日は渋谷のWINSの定食屋でレースをみており、その後、まわりのひとと喜んだものの怖くなり、すぐに換金しそそくさとタクシーで家に帰ったという。

 その使い道については、「ホールインワンのようなものなので」とし、事務所のタレントやスタッフ20数人に10万円ずつお小遣いを渡し、番組スタッフなどへの差し入れや食事で使っているという。自身の欲しいものについては「自転車が壊れたからそれを直すくらい」と控えめ。相方の太田にも10万円を渡したところ「ふざけんな、半分(400万円)よこせ!」と詰め寄られたことも漏らした。
 その後、税理士に確認したところ、税金で半分近くは持っていかれることがわかり「すでに赤字ですよ」と落胆。

 競馬では常に“穴狙い”という田中は「万馬券はけっこう当てています」というが、これまで20数年の競馬人生でみると、今回の勝ちをいれても赤字かもしれないとのこと。連載などでの予想については「これからも守りに入らずアグレッシブに予想します。読んでくれた人が当たればうれしいので」と語った( スポーツ紙と花束を手にガッツポーズを見せる田中 )。

 なお、この詳細については今夜生放送のTBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(25時~27時)で語る予定。

さすが太っ腹。スタッフさんたちに10万ずつお小遣いですか…。

でも、税金で半分は持っていかれるそうで。(-`ω´-;Aフキフキ

完全に赤字ですね。

当たるのもいいけど、やっぱり税金は納めなきゃいけませんからね。

(引用元:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。