磁気ディスクからフラッシュメモリへ・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁気ディスクからフラッシュメモリへ


パソコンも新しいOS・Widows Vistaが発売されてから、まだ実は私入れてません。(-`ω´-;Aフキフキ

デスクトップとノートパソコンの2台あるのですが、どちらもxp……。

早く新しいのがほしいなぁと思う反面、新しいパソコンがほしいこのごろ。

ノートパソコンも最近では軽量化されてきてますよね。

自分で持ってるノートパソコン、実は重いんです。(-`ω´-;Aフキフキ

OSを買うより新しいパソコンがほしいこのごろです。

ソニーから新しく発売されたモバイルノートPC「VAIO Type G」、みたら私の持ってるのより軽いΣ(・ω・ノ)ノ!

 さらに磁気ディスクからフラッシュメモリなんですよね……。

メモリも1Gとコレだけあったらやっぱり新しいのがほしい!!

 

ソニーは10日、モバイルノートPC「VAIO Type G」に32GBのNAND型フラッシュメモリ搭載タイプを追加した。本日より販売開始。
 
 今回の新モデルは、同社直販サイトでのBTO販売のオプション追加という形になる。今年1月に発表されたVAIO Type Gの春モデルで、HDDの代わりに32GBフラッシュメモリを選択できるようになった。

 フラッシュメモリを採用したことでさらに軽量化がなされ、本体の重さは約859gとHDD搭載モデルから約39g軽くなっている。同社によれば、これは12.1型液晶搭載PCとしては世界最軽量になるという。また、磁気書き込み/読み取り機構を必要としないため、従来のHDDに比べて耐久性が向上。そのほか、アクセススピードの向上や消費電力の低下といったメリットもある。
 
 本体サイズは幅277×高さ25.5×奥行き215mmで、ディスプレイは12.1型液晶。インターフェースとしてSDメモリーカードスロット、メモリースティックスロット、USBスロットなどを標準搭載。
 
 BTOモデルの「VGN-G1ABNS」はベース構成の場合、CPUにCeleron M 443(1.2GHz)、メモリは1GB、光学ドライブなし。同構成でフラッシュメモリを選択した場合の価格は229,800円。OSにはWindows Vista Businessを採用している。
 
 CPUやメモリの増設のほか、無線LANやFelicaポートの有無などを選択可能で、価格は164,800円から366,600円まで変動する。


コレだけ軽量化されてきてるんですね。

外出先でパソコンを使う人にはかなり便利ですよね?

私も自分の持ってるノートパソコンを持って大学に行ってた時期あったんですけど、持って歩くだけでも、結構疲れますよね^^;

軽量されても、しっかりとしたパフォーマンスのパソコン、パソコンごと買い換えたいです。^^;

(引用元:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。