中村獅童が大暴れ?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村獅童が大暴れ?


どうしたんでしょうね?

竹内結子さんとの離婚とか、イロイロとありますが。

酔っ払って大声で叫んでたそうですが。

こういうのって、悪い方向に行ってしまうんですよね。

今度は大暴れのマイクパフォーマンスだそうだ。竹内結子(26)と離婚協議中の中村獅童(34)である。

 獅童は今月初旬、東京・六本木のクラブで酔っぱらって、ある週刊誌を名指しして「かかってこいや~!」と絶叫したという。このマイクパフォーマンスは15分近くも続いたそうで、獅童の異様なボルテージの上がりっぷりにクラブにいた客はドン引きだったとか。

 最近の獅童はこの手の話が尽きない。先日は歌舞伎町のキャバクラでキャバ嬢にしつこくカラんでけむたがられている姿が報じられた。かと思えば、高岡早紀との密会現場や、モデル風美女とのデート現場が目撃されている。

「よほどストレスがたまっているんでしょう。本来なら先月中には竹内との離婚が成立している予定でした。ところが、土壇場になって獅童側がアレコレと要求を増やしたことでドロ仕合に発展してしまった。彼は自分の見通しの甘さを悔やんでいるんだと思います」(芸能リポーター)

 獅童は日本劇作家協会の会報のコラムで「後悔先に立たずに反省しきりの日々が続く」「生まれ変わりたい」などと心境を明かしている。だが、この奥歯に物が挟まったような言い回しでは何が言いたいのか分からない。

「獅童が正面切って竹内との離婚問題について語ったことはほとんどありません。月刊誌のインタビューに応じた時は“お察しください”とか“自分の心だけにしまっておきたい”などと核心に触れずじまいでした。その反動で荒れているのです。この際、返り血を浴びるのを覚悟で、離婚協議に至った経緯を洗いざらいブチまけた方がすっきりすると思います」(前出・芸能リポーター)

 獅童はこのままだと男を下げるだけだ。

 

最近、この手の話が尽きないとありますが。

コレでは、男を下げてしまいますよね。

いっそのこと、全部をさらけ出してしまったほうが、一番楽かもしれませんね。

一からやり直すということもまだお若いのでできますから。

(引用元:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。