ポケモンの歌・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンの歌


ポケモンといったらもう、人気アニメですよね。

映画もかなりの本数が出てますね。

ポケモン自体もかわいいですし。

今回のポケモンの映画の主題歌を歌うのは、なんと英ソプラノ歌手サラ・ブライトマンさんだそうです。

世界的な人気を誇る英ソプラノ歌手サラ・ブライトマン(46)が、アニメ映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」(7月14日公開)の主題歌を歌うことが13日、分かった。日本の映画主題歌は初めてだが、欧州でもポケモンが大人気となっていることから快諾。10周年を迎えるポケモン映画の記念作品を豪華に彩ることになった。

 シングル「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が全世界で1500万枚を売り上げた世界的歌姫が、日本のピカチュウに大きなプレゼントを届けた。

 サラが映画主題歌として提供したのはニューアルバム(秋以降発売)用にレコーディングしていた「Be With You~いつもそばに~」。天にも昇るような美しいソプラノボイスが響き渡る壮大なバラード曲が、ポケモン映画の10周年記念作品を豪華に彩ることになった。

 サラにとっては、アニメどころか日本映画の主題歌自体初めて。10周年を飾るにふさわしい大物ということで、映画の久保雅一エグゼクティブ・プロデューサーが依頼したところ、サラのプロデューサーのフランク・ピーターソン氏は「欧州でもポケモンは大人気。日本の子供たちにサラの歌声が届くのは素晴らしいこと」として快諾。レコーディングした曲の中から最も映画にふさわしいものとして同曲が届いた。

 任天堂のゲームソフトとして誕生したポケモンは、海外でもゲームばかりでなく、テレビや映画が大ヒット。映画第1弾は今も日本映画の海外興行成績の歴代1位記録を保持している。日本でも過去9作の通算で3855万人動員・興収415億円を記録しているが、10作目となる今作から「ダイヤモンド・パール」という新シリーズがスタート。新たな節目にサラが参加したことについて、久保氏も「期待以上の素晴らしい声、楽曲で感激しています。サラさんの歌声と共に国境を超えて世界中の子供たちに楽しんでもらえることを願っています」と大喜びしている。

 なお同曲は6月に「着うた」などで配信。7月11日にシングルとして発売される。

あの世界的有名なソプラノ歌手が歌うんですから。

ポケモンも世界に羽ばたいてますね。

子供も、大人も好きなポケモン。

アニメではかなりのヒット作品ですからね。

さて、どんな歌になるのでしょう。ちょっと楽しみ。

(引用元:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。