「読者モデル→専属モデル」でブーイング CanCam7月号・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「読者モデル→専属モデル」でブーイング CanCam7月号


CanCam7月号で、読者モデル「キラキラ★メイツ」から専属モデルとしてデビューを果たした近藤しづかさんと阪井あゆみさん。近藤しづかさんは読者モデルNO1の美脚を持つとされる大学生で、「"読者に近いモデル"を目指していきたいです」と憧れの存在ではなく等身大のモデルを目指していくようです。一方の阪井あゆみさんは読者モデルランキング1位の常連で「キラキラ★メイツ」のリーダー格。「自分の色を出していけるよう頑張ります!」とのことですが、阪井あゆみさんは大阪読者代表だったので、「自分の色」とは「関西っぽさ」のことかもしれませんね。

そんな2人のCanCam専属モデルデビューの是非が、ネット上で話題になっています。


 ネット上の巨大掲示板2ちゃんねるでは批判の嵐ですが、あまりネガティブな意見が出てこないミクシィにも批判が書き込まれており、CanCamコミュニティーの「CanCan★7月号」のトピックを見ると、 213個の書き込みの中、31個が読者モデルを専属モデルにしたことへの否定的な意見です(6月1日時点)。そしてついに「読モ→専属モどう思います?」というトピックが登場し、今でもさまざまな意見が書き込まれています。

 書き込みを見ていると賛否両論ですが、批判をまとめるとこんな感じでしょうか。

・オーデションがあるのになぜ?
・読モとして出ていた期間が長すぎたので、専属として受け入れられない
・読モが専属になるのは専属の価値を下げてしまう
・読者に説明不足。なぜいきなり?

モデルになりたくて、読者モデルから始める人も居ますから、専属モデルになるまでというのを簡単になっちゃうと受け入れられないのが多くなるのも納得です。専属モデルってかなりの努力して本当の専属モデルになったのですから。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。