所属プロの破産で大金を失った竜雷太・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所属プロの破産で大金を失った竜雷太


竜雷太(67)は苦りきっているのではないか。所属している芸能プロ「アクターズプロモーション」の破産手続きが先週始まったが、タレントは稼いだギャラを手にできないとみられているのだ。

「アクターズ」の破産の直接的な原因は社長の阿知波信介氏が今月4日に鹿児島県内で遺体で見つかったことだ。阿知波氏は自殺したとみられており、死後、資金繰りが悪化していたことが判明して、1カ月持たずに会社は破産してしまった。

 所属しているのは男優では竜をはじめ、あおい輝彦、左とん平、勝野洋といった面々。女優では阿知波氏の前妻の多岐川裕美、池上季実子、石田えりなど。変わったところでは藤田憲子も所属している。

 中でも気になるのが一時期、同プロの社長を務めた竜だ。

「破産管財人は所属タレントにギャラの未払いがいくらあるか聞いていますが、もっとも金額が大きいのは大河ドラマ『風林火山』などで活躍中の竜です。阿知波さんは本来、役者がもらうべき金額の4割くらいを手渡して泣いてもらっていたそうで、竜の場合、ギャラが高額なこともあって未払いは“4ケタ”の万円ともっぱらです。以前アクターズのアニバーサリーのイベントを都心のホテルで開いた際、阿知波さんが“オレの年収は4000万円”などと豪語したのですが、竜は“ふざけるな”と怒っていた」(マスコミ関係者)

 負債総額は5億円といわれるが、さらに膨らむ可能性もある。ほとんどのタレントが泣き寝入りするしかない。

この負債額、大きいですね。芸能プロダクションも破産ということもあるんですね…。竜雷太さんは、実力もあるからこれからも仕事はあるでしょうけど、新人さんとかにとってはかなり厳しい状態でしょうね…。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。