やった!日本の『殯(もがり)の森』グランプリ獲得!松本人志は賞逃す・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やった!日本の『殯(もがり)の森』グランプリ獲得!松本人志は賞逃す


第60回カンヌ国際映画祭の受賞結果が現地時間27日に発表され、河瀬直美監督『殯(もがり)の森』が、最高賞「パルム・ドール」の次点に当たるグランプリを受賞した。

 プレゼンターの仏女優キャロル・ブーケから記念碑と賞状を受け取った河瀬監督は、「映画を作り続けて来て良かった」と語り、高々と賞状を掲げた。

河瀬監督はちょうど10年前の、同映画祭50回の時に、映画『萌の朱雀』でカメラ・ドール賞(新人監督賞)を受賞しており、同映画祭二度目の栄冠となる。「でも10年前は思いも寄らない受賞だったんですけど、今回は日本唯一のコンペ作品ということで私の映画に対する期待も高まっており、朝から逃げ出したい気持ちでいっぱいだったんです(苦笑)。

 しかも、もっと最初の方に(名前を)呼ばれると思っていたんですけど、残すはグランプリか? パルム・ドールか? という状況になって、何かの間違いじゃないかと思いました」。 そう語る一方で、あと一歩のところでパルム・ドールに届かなかった悔しさもチラリ。「残念だという思いもありますが、(パルム・ドールは)自分にとって、次のステップに出来る賞だと思ってます」と早くも、次回のカンヌ映画祭への野望を語っていた。

 なお、カメラ・ドール賞の対象となっていた『大日本人』の松本人志監督と、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督は、受賞を逃した。 

日本人のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞は1990年の小栗康平監督以来の17年ぶりだそうですので、快挙ですね。まだお若い河瀬直美監督ですから、いずれはパルム・ドール獲得も夢ではないでしょうね。

引用:ライブドアニュース

 

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。