筑紫哲也の病気療養で始まる“キャスター大再編”・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑紫哲也の病気療養で始まる“キャスター大再編”


筑紫哲也(71)が肺がんで入院したのをきっかけに、テレビ界がドタバタしている。療養生活が長引く可能性があることを前提として、他局まで巻き込んだキャスターの大再編が起こりそうなのだ。

筑紫さんの入院治療で、テレビ局も大変になりそうですね。キャスターの編成だけでもかなり大変そうですよね。筑紫さん、完治して早く復帰してほしいですが、それまでの間が本当に番組を続行するのに大変そう。

筑紫がキャスターを務める「NEWS23」(TBS)は今は膳場貴子が仕切り、ジャーナリストらが補佐役として出演している。しかし、TBSが以前から報道番組に意欲的なみのもんたで「23」の後番組を始めた場合、キャスターが大移動するのは確実だ。

 みのは現在、朝の「朝ズバッ!」(TBS)と午後の「おもいッきりテレビ」(日本テレビ)の2本の帯番組に出演している。仮に「23」を「夜ズバッ!」に改編してみのが出演すると、当然「朝ズバ」を降りる。また、日テレは「おもいッきり」をみのを残留させて今秋リニューアルさせるといわれているが、みのが「夜ズバ」を担当すれば、みの以外のキャスターを起用する可能性が高い。そうなると一気に2つの帯番組が空く。

 筑紫、みのの動きと関係のないところでも空席が出る。日テレでは草野仁の「ザ・ワイド」を打ち切り、加藤浩次の「スッキリ!!」も改編するともっぱらで、ここでも2つが空く。さらに、TBSにはワイドショーなどを担当する新たなセクションを新設する話があり、福沢朗の「ピンポン!」が改編されるという情報も根強い。これを加えれば、合計5つの帯番組のキャスターが代わることになる。

 これで結果的に何人ものキャスターを巻き込んだ“シャッフル現象”が起きるというのだ。

 

「TBSのラジオを担当している久米宏、昨年日テレの朝のワイドショーを打ち切られた峰竜太らも“番組獲得合戦”に参戦する。仕事が減る草野と巻き返しを狙う福沢も色気たっぷりだし、この秋は近年にない激しいキャスターの“大再編”が行われる」(事情通)

 余談だが、この現象を歓迎していないのは「報道ステーション」(テレビ朝日)の古舘伊知郎だろう。もし“視聴率男”のみのが「夜ズバ」を始めると、自分の番組が脅かされることになる。古舘は筑紫を気遣う意味でも、個人的な事情でも、筑紫が早くカムバックすることを祈っているはずだ。

 久々に激しくなりそうな司会者の“椅子取りゲーム”はニュース以上に面白そうだ。

 

なんとなく本当にキャスターの椅子取りゲームになるんでしょうか?候補はかなり挙がってるようですが、誰になるんでしょうね…。筑紫さんの病気・がん告白でココまでなるとは。早く完治して復帰してほしいですね。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。