丸川珠代を参院議員選出馬・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸川珠代を参院議員選出馬


テレビ朝日の“才媛アナ”丸川珠代(36)の決断には誰もが驚いたはずだ。丸川は退社し、7月の参院選の東京選挙区に自民党から出馬の予定だが、現役の女子アナとしては初のケース。

女性のキャスターが参院議員選に出馬するなんて本当に珍しいことですね。当選して議会で活躍してほしいですね。

 

なぜ、丸川は出馬することにしたのか。実は彼女なりに事情があったともっぱら。彼女は局内で中ぶらりんな状態に置かれていたのだ。

 丸川は東大経済学部卒で報道志向が強く、有望なキャスター候補といわれていた。しかし、かつての報道番組「ニュースステーション」にレギュラー出演している時にスポーツ局所属の社員ディレクターと不倫騒動を起こし、局内での評価が低下していった。

「丸川は『Nステ』後は小宮悦子のニュース番組で『ザ・激戦区』というコーナーのリポーターを担当しました。彼女はこの時点では小宮の後釜候補といわれ、さらにニューヨーク支局に異動になった時は“帰国したらキャスターか”という声まであった。しかし、帰国後は『サンデースクランブル』という週1回の中途半端な番組の司会に回され、それも1年ちょっとで辞めさせられるなどずっと不遇が続いていた」(業界関係者)

 追い打ちは今年4月の人事か。スキャンダルを連発した後輩の下平さやかが朝の情報番組「やじうまプラス」のメーン司会に抜擢されたのに、丸川は昼の「ANNニュース」担当のままの“冷や飯状態”だった。

 これにはプライドが高い丸川がカチンときたのではないか。丸川は実力を発揮するにはテレ朝を飛び出すしかないと考えたはずだ。果たして当選できるか。

テレビ局でも肩たたきみたいなのがあるようですね。評判が低下すると確かに、居場所ってドコでもなくなってしまいそうですが。7月の参院議員選、当選して議員活動でまた頑張ってほしいですね。ニュースが聞けなくなるのは寂しいですけど。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。