KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUN赤西・ヤラセ留学から帰国


4月20日、都内で帰国会見をした赤西仁はその場でKAT-TUNへの復帰を宣言。そのやりとりは「1日1200円の孤独な生活」「NYで行われたメンバーとの熱いミーティング」などと、女性週刊誌をはじめ大々的に報じられた。

4月20日、都内で帰国会見をした赤西仁はその場でKAT-TUNへの復帰を宣言。そのやりとりは「1日1200円の孤独な生活」「NYで行われたメンバーとの熱いミーティング」などと、女性週刊誌をはじめ大々的に報じられた。
「ジャニーズ御用雑誌は、今回の復帰をこぞって美談に仕立て上げたけど、印象的だったのは『真面目に語学学校通い』と報じた『フライデー』(5月4日号)。というのも赤西の生活は、語学留学とはほど遠いものだった。今回のスクープは、他の女性週刊誌同様、明らかに事務所主導の記事ですよ」(週刊誌芸能記者)
 休業の発端は「休みがほしい」という赤西のワガママによるものだったというが、実際、在米生活はどうだったのか?
「当初、赤西が住んだホームステイ先の一軒家は狭く、住み心地も悪かった。だが11月末、ハリウッドのクラブで出会ったある人物の一家が、赤西の面倒を見ることにしたそうです。その一家の長男が、KAT-TUNの舞台に出演経験があったことも関係していたのでしょう。ですが、そこでの生活は『夕方まで寝て、朝まで遊び、帰宅後、また夕方まで寝る』の繰り返し。赤西は『事務所にはいつでも戻れる』と周囲にこぼしていましたから、余裕もあったはず」(同)
 当初は1月に復帰予定だったが、事務所の意向により撤回。その後、赤西本人ら関係者を含むミーティングなどを経て、今回の復帰劇となった。そんなKAT-TUNは現在、全国ツアーの真っ最中、赤西は全行程に同行するという。だが、こうした事務所やタレントの“都合”に翻弄されるのは、マスコミではなく彼らを慕うファンなのかもしれない。(サイゾー編集部)

意外な留学生活だったんですね。帰国してイロイロと復帰までありましたが、逆に帰国して復帰したほうが赤西にとってよかったようですね。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。