亀田パパ、和毅のスパー相手に日本人公募・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田パパ、和毅のスパー相手に日本人公募


亀田兄弟の父、意気込んでますね~。

やっぱり父は偉大ですね。

 

亀田兄弟の父史郎氏(41)が17日、三男和毅(ともき=15)のスパーリング相手として、日本人世界ランカーを公募する意向を明かした。和毅を苦戦させれば、その相手を長男興毅(20)二男大毅(18)と対戦させる。和毅のキャリアアップと「日本人対決を避けている」などの批判に応えるのが狙いだ。この日、和毅が興毅-オガー戦(23日、大阪市中央体育館)の前座で、東洋太平洋フライ級王者ジョジョ・バルドン(フィリピン)とスパーリングすることも発表された。
 亀田家に文句のある選手は出てこいや! 口調はソフトでも、父史郎氏の胸中は、そんな反骨心であふれていたに違いない。「スーパーフライ級以下の世界ランカーだったら誰でもええで。肩書のある選手は、かかってらっしゃい」。史郎氏が、そうニヤリと笑う横で和毅は「誰でもかかってこいや」と、スパーリング相手に、日本人世界ランカーを求めた。
 日本人とは拳を交えない方針の亀田家に対しては、当初から「弱い外国人選手とだけ戦っている」などの批判の声があった。そんな声に応えるように史郎氏は「和毅を倒す選手がいたら実力を認めるし、お兄ちゃんたちと日本人対決や。みんなの前で恥をかかしてくれ」と挑発的に言った。息子たちの実力には絶対的な自信を持っている。和毅を苦戦させた相手がいれば、潔く興毅、大毅と初の日本人対決を実現させる。
 日本人世界ランカーにすれば「打倒亀田」で名を上げるチャンス。ここにも、史郎氏の狙いが隠されている。来年7月、プロテスト受験可能な17歳の誕生日を待ってプロ入りを目指す和毅。ただのスパーリングではなく、プレッシャーのかかる舞台で本気の相手と戦わせる。史郎氏は「強い選手と、どんどんやらせてキャリアを積ませたい」と話した。
 6~7月予定の大毅戦前のスパーリングから、和毅は公募してきた日本人世界ランカーと戦う。まずは23日の興毅の試合前、現役東洋太平洋王者バルドンとスパーリングを行う。雑音封印と自身のキャリアアップの重責を担う「亀田家の最終兵器」は「今は誰にも負けへん自信がある」と意気込んだ。

かなりの意気込みですね。親子の血は譲れない?というか、子を思う親心というところでしょうか。

引用:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。