女性は大統領になれない?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性は大統領になれない?


そういえば、女性の大統領って、あんまりいないような・・。というか、いない?

ヒラリー夫人、ちょっと頑張ってたみたいですが、今回フランスの大統領、女性~というのは見送られちゃったそうです。

 フランスでは初の女性大統領の誕生が見送られた。このロワイヤル候補(53)だけでなく、アメリカでも初の女性大統領誕生に黄信号だ。民主党のヒラリー・クリントン上院議員(59)が先頭を走ってきたが、失速中である。

 先月30日の最新の世論調査では、黒人のオバマ上院議員(45)に初めて支持率で抜かれた。

「これまでヒラリー候補を応援していた黒人有権者がオバマ候補に乗り換え始めた。それがオバマ氏急伸の理由です」と語るのは、あるシンクタンク研究員だ。

「でも、オバマ氏が予備選を勝ち抜いて民主党の大統領候補になるのは難しい。まだ黒人大統領を選ぶほど米国社会は寛容になっていない。大統領選は来年秋。時間があるから“遊び”がまじっているのです」

 しかし、ヒラリーの巻き返し独走も可能性は低いという。

「黒人大統領よりは、女性大統領の方が現実味はあるが、ヒラリーが浮上すればするほど、共和党などの妨害も強まる。狙われるのは派手な資金集めです。ヒラリーの大統領選資金調達額は1~3月で2604万ドル、約31億円ですが、これが徹底的に洗われる。予備選の間にいくつもの金銭スキャンダルが飛び出してもおかしくない。ヒラリーの戦略ミスは出馬表明が早すぎ、相手陣営に付け入る時間を与えてしまったことです。オバマ氏に続いてヒラリーも潰されたら、ギリギリで急浮上するのは意外とゴア元副大統領でしょう。ブッシュと互角の勝負をした経験、知名度はピカ一です」(前出の研究員)

 先進国で初の女性大統領の道は険しい。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。