村上被告に懲役3年・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上被告に懲役3年


ニッポン放送株を巡るインサイダー取引事件。まだ記憶に新しいかもしれませんね。

村上被告に懲役3年、追徴金11億円という判決が出ました。

11億円の追徴金・・・|・`ω・) ス・スゲェ…

ニッポン放送株を巡るインサイダー取引事件で、証券取引法違反に問われた村上ファンド前代表、村上世彰(よしあき)被告(47)の公判が11日、東京地裁(高麗(こま)邦彦裁判長)であり、検察側は懲役3年、罰金300万円、追徴金11億4900万円余を求刑した。論告で検察側は「複数の企業に働きかけてインサイダー状況を積極的に作り出し、巨額の利益を手にした前例のない計画的犯罪。厳罰が必要不可欠」と指摘した。弁護側が6月12日に最終弁論して結審する。

 

 懲役3年はインサイダ取引の最高刑。村上前代表が実質経営していた投資顧問会社「MACアセットマネジメント」には罰金3億円が求刑された。

 

 公判で村上前代表側は「ライブドア(LD)によるニッポン放送の経営権取得が実現可能とは思わなかった。LDによる大量買い集め情報を念頭に同放送株を買い集めたのではない」と無罪を主張している。

 

 これに対し検察側は「大量に保有していた同放送株の処分に苦慮していた」と動機を指摘し「LDに企業買収のアドバイスを装って大量の買い集めの実施を強く働きかけた。公開買い付けの実施に関する事実を自らコントロールしたことが本件の特質で悪質性は強い」と真っ向から反論した。

 

 最大の焦点は、LDが同放送株の大量取得を決めたという「インサイダー情報」を伝えた時期。村上ファンドとLD幹部による04年11月8日の会合がその時期とされるが、これについて村上前代表側は「資金調達の話は一切ない。『経営権を取りたい』と聞いたがLD一流の大言壮語と思った」と主張。これに対し検察側は、LD前財務担当取締役の宮内亮治被告(39)らの法廷証言を基に「準備状況を伝えられ、インサイダー情報を得たと認識を持っていた」などと強調した。

 

 投資ファンドのインサイダー取引事件で、検察側が追徴金を求刑するのは初めてで、検察側は、出資金を運用するファンドの特性を考慮して、追徴金を算定した。

 

 起訴状によると、村上前代表は04年11月8日ごろ、LD前社長の堀江貴文被告(34)らから同放送株の5%以上を買い集めることを決定したとの伝達を受け、この事実の公表前の05年1月26日までに計193万3100株を99億5216万2084円で買い付けた。

まぁ、悪いことしちゃいかんってことですね。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。