ソフトバンク 収益4.3倍・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク 収益4.3倍


ドコモと変わって、ソフトバンクは前年より4.3倍の収益。

|・`ω・) ス・スゲェ…4.3倍(・∀・)イイナイイナイイナ

 

ソフトバンク(9984.T: 株価ニュース , レポート)が8日発表した2007年3月通期の連結営業利益は、前年比4.3倍の2710億円だった。昨年5月に連結した旧ボーダフォン日本法人の携帯電話事業分が上積みされ、大幅増益となった。ロイターエステシィメーツによる主要アナリスト13人の予測平均値2631億円を上回った。

 

 07年3月期の売上高は前年比2.3倍の2兆5442億円、経常利益は同5.5倍の1534億円だった。当期利益は、06年3月期に株式売却益があった反動で同49.9%減の288億円となった。

 

 固定電話事業をのぞくすべてのセグメントで営業増益を達成。固定電話事業も赤字幅が縮小した。なかでも携帯電話事業は、ボーダフォン日本法人時代の06年3月期に比べて1.8倍の営業増益となった。番号継続制(MNP)開始以降に加入者が増加したほか、端末販売に割賦方式を取り入れたことで、代理店に支払う販売奨励金が減少した。

 

 会見した孫正義社長は「ボーダフォン買収が成功だったどうかが今回の決算の注目点。答えはイエスだった」と語った。

 

 ソフトバンクは業績予想を開示しておらず、孫社長は08年3月期の見通しについて「順調に推移している」と述べるにとどめた。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト13人の連結営業利益予想は3169億円となっている。

 

 08年3月期の設備投資額は3000億円程度を計画。公約として掲げている4万6000局の携帯電話基地局設置を上期中に完了させ、「下期以降は必要があれば検討する」(孫社長)という。

引用:http://today.reuters.co.jp/investing/FinanceArticle.aspx?type=resultsNews&storyID=2007-05-08T072612Z_01_nTK3151037_RTRJONT_0_CnTK3151037-1.xml&rpc=112

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。