開票率0%で当選?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開票率0%で当選?


選挙となると、ホント選挙活動で全国を歩き回るのって大変ですw

食事だの、トイレだのw(マテ

そして、投票日までがんばって歩いてきた立候補の方たち。

開票のとき、┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キしながら当選するかどうかテレビに釘付けになりますよねw

ところがぁ~

なぁーんと、何でこんなに早いの?というくらいのスピード当選があったそうで。

 

「エッ! 何でこんなに早いの?」――。8日の都知事選のテレビ特番で、「当確」が報じられるあまりの早さに驚いた人は多いんじゃないか。

 石原知事の「当確」を最初に伝えたのは日本テレビで、投票終了とほぼ同時の午後8時。その直後、TBS、フジテレビ、テレビ朝日も間髪を入れず当確を報じ、新聞社もネットで次々と当確を打った。一番遅かったのはNHKで、午後8時半過ぎだったが、それでも開票がほとんど進まないうちに各社の当確が出そろったのである。

 ちなみに投票箱が封じられたのは午後8時だが、開票が始まったのは午後8時半。ほとんどのメディアが一票も開かないうちに当確を出したことになる。あるキー局関係者が内幕をこう明かす。

「テレビ局は政党や選挙区取材、世論調査などから事前に情勢分析をしています。出口調査が事前調査と大きくかけ離れていなければ、政治部長などの判断で、すぐに当確を出すのが主流です。当確を出すタイミングは投票箱を閉じた瞬間や開票を始めた直後。日テレは投票終了と同時に発表できるよう準備を進めていたのでしょう。ほかの民放は投票終了後に関係各所に『当確を出す』と連絡を取り、2、3分の後れをとった。NHKは開票開始に合わせたため、最も遅い発表になりました」

 しかし、そもそも開票も始まっていないのに当確を出すのはおかしいのでは、という指摘も多い。政治評論家の有馬晴海氏もこう言うのだ。

「誤報だってないとは言い切れません。たとえば、93年の衆院選で新党さきがけから出馬した岩屋毅議員(大分2区)は気の毒でした。テレビ局数社が当確を出し、当選インタビューまでやったのに、最後の最後で169票差でひっくり返された。バンザイが“漫才”です。何より、日ごろから『一票の重み』を説くマスコミが、一票も開票されないうちから当確を報じるのはいかがなものか。有権者は開票のプロセスを見ることでも選挙への投票意欲が増すものだと思いますが……」

 1、2分を争って何になるのか。

 

た、確かに…。コレは早かったですよね^^;

投票終了とともに、当選発表でしたの覚えてます?

開票が始まったのが8時半なのに間髪入れずに当選発表ってwゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

確かに当選されてますからw

開票はきちんと行ってから報道されるべき?ですよね。

 

(引用元:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。