速度違反の取締り 緩和?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速度違反の取締り 緩和?


ベルギーでのこと。

速度違反が緩和されるですって?

エェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ 

ベルギーの首都ブリュッセルでは、スピードカメラ(自動速度違反取締カメラ)を導入してからスピード違反者数が急増したため、過度の違反でない限り検察当局が取り締まりの基準を緩和しているという。La Derniere Heure紙が5日報じた。

 同紙によると、検察当局は1万件のスピード違反が未処理となっていたため、警察当局に対し、時速87キロ以上もしくは、学校付近で時速67キロ以上を出していなかった違反者には罰金を科さないように要請したという。

 同国では、スピード違反者に対し罰金はすぐに科されず、すべてのケースが検察当局により処理されることになっている。

 同紙が伝えたところによると、検察当局が各地区長に当てた書簡の内容として、検察当局はスピード違反の取り締まり基準を一時的に緩和させ、警察は時速30キロ(プラス時速6キロまで許容)を超える深刻なケースに限って違反扱いにするとしている。  

 

 

 ベルギーの大半の道路における制限速度は50キロ(学校付近では30キロ)と定められている。

 同国のラジオ局は、違反者の大半が罪を逃れているとして、複数の地区長が検察当局の対応に怒りの声を上げている、と伝えた。

引用:http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyID=2007-05-07T102537Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-258458-1.xml&rpc=112

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。