東知事「波瀾万丈」で壮絶過去語る・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東知事「波瀾万丈」で壮絶過去語る


ホント、よくテレビに出てますね。

話題の尽きない宮崎県の東国原英夫知事(49)。見ているだけでも、本当に楽しい知事ですよね。

こんな楽しい知事ってあんまりいないかもしれませんね。

宮崎県の東国原英夫知事(49)が、このほど日テレ系情報番組「いつみても波爛万丈」(6日・前9時55分~)の収録に臨み、自らの生い立ちや実父の非業の死を赤裸々に告白した。

 収録は司会の福留功男さん(65)、間寛平さん(57)、野際陽子さん(71)らが宮崎シーガイアに足を運び行われた。東国原知事は、これまで明かすことがなかった波乱の半生を次々と吐露。不動産業を手広く営み地元では著名な人物だった実父。正妻ではなく内縁の妻だった母親は、実父からの暴力に耐えきれずに8歳の時に2人で家出をし、そしてきまじめな新しい父との出会い…。

 後に実父の行方を捜し出した知事だが、たどり着いた先は無縁仏。「それが実父の墓だった」。子どものころに実父と遊んだ思い出のつり橋が、悲劇の場所となった驚がくの事実を知ることになる。

 芸人を目指し中学2年で家出したことや、“第3の父”と慕う師匠ビートたけし(60)の意外な素顔などにも迫り、知事の知られざる一面を掘り下げていく。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。