杉田かおる  「籍汚すのが快感!」・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉田かおる  「籍汚すのが快感!」


杉田節、炸裂中。

ε= (´∞` ) ハァーこんなのじゃ余計に品が落ちそうなんですけどねえ。

でもそれが杉田ねえさんって感じで好きな部分でもありますが。

女優の杉田かおる(42)が3日、著書「別れのときに読むことば」(青草書房)の出版記念会見を都内で行った。05年1月に結婚し、わずか7カ月で離婚した自身の“別れ”を振り返りながら「結婚は5回くらいしたい。籍を汚すのが快感になった」「恋愛は泥沼が楽しい」などと杉田節をさく裂させた。

 杉田は99年に自伝「すれっからし」、05年に「杉田」など、これまでにも著書を出版してきたが「初めて自分で文章を書きました。今まではゴースト(ライター)が書いてたんです」と、会見冒頭から衝撃発言。さらに「自信が付いたので、暴露本も自分で書きたい」と暴走!?を続けた。

 「別れのときに読むことば」は、杉田が共感した恋愛に関する偉人の言葉や文芸作品の一文を紹介し、エッセーを添えた内容。「恋愛や結婚で不幸になりそうな人に読んでほしい。免疫を付ければ乗り越えられる」と力強くPRした。

 自身の恋愛も波乱だらけ。05年1月に会社社長の鮎川純太氏(46)と電撃結婚し“セレブ婚”と騒がれたが、同年8月に離婚。そのことを振り返り「もっと悲しい別れが多いので、離婚はハクション大魔王がくしゃみをしたら消えちゃったみたいな感じ」とあっけらかん。同書の中で紹介している林芙美子さんの「しみったれて、けちけちした恋愛はまっぴらごめんだ」を読み上げ「偽セレブだったこともありましたね」と自虐ネタで笑わせた。

 昨年9月にはマスコミ関係者との不倫関係が報じられるなど、お騒がせぶりは健在。しかし、「過去は振り返らない。全部食べちゃったという感じ」「恋愛は泥沼が楽しい」と過激な“杉田節”をさく裂させた。

 現在の恋愛については「腐りかけの人を狙ってる。お肉も腐りかけのほうがおいしいし、ちょっと落ち目の人って憂いがあって、そういう人は私のような女から逃げ遅れる」と不敵な笑み。「結婚は?」の問いには「5回くらいしたい。籍を汚すのが快感になっちゃって」と意欲的だった。

引用:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。