ほしのあき 声優?・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほしのあき 声優?


グラビアアイドルのほしのあき(30)

最近ではバラエティ番組も多いですね。

今回は声のお仕事に挑戦だそうです。

タレントのほしのあき(30)と大沢あかね(21)がアニメ映画「シュレック3」(6月30日公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦する。ドリームワークス製作のフルCGアニメの最新作。「ロリエロ隊長」として活躍するほしのにとって、巨乳とは無関係な仕事はまれ。「声だけでも私だと分かってほし~の!」と気合を入れている。

 第1作から藤原紀香(35)がヒロインを演じてきた「シュレック」シリーズに、いま最も“旬”な2人が新たに参加する。新キャラクターとなるシンデレラをほしのが、白雪姫を大沢がそれぞれ演じ、ほしのは女優業の時に用いる本名の「星野亜希」で臨む。

 B88センチ、Fカップの「ロリエロ隊長」として、グラビア界に君臨する女王だが、1日に行われたアフレコ収録では「声を出すときに胸に力を?きょうは胸を使う余裕がなかった。初めてかも」と新鮮な表情を見せた。

 今年3月に節目となる三十路(みそじ)に突入。転機とも言える声の仕事に「おっぱいを封印するわけではないけど、声だけで私だと思ってもらいたい」と意欲を見せた。

 アフレコ初体験ながら、同映画のスーパー・バイザー、ジョディ・トール氏も絶賛し、セリフをほしの仕様に変更。紀香演じるフィオナ姫にプレゼントを渡すシーンで「私のから開けてくれない」が「私のから開けてほし~の」に変えられた。

 大沢も声優初挑戦。ティーン誌のカリスマモデルとして人気だが、現在はバラエティー番組でお笑い芸人並みの活躍。白雪姫について「自分が一番だと思っている勘違いキャラ。私もアイドルの中でいい感じのところにいると思っていたら、(島田)紳助さんたちから“それは勘違い”とよく言われます(笑い)」。ほしのとはプライベートでも仲良しだが「同じバラエティー界の人間として負けられない」と闘志を燃やす。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。