王監督が巨人に「王道」説いた・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王監督が巨人に「王道」説いた


ソフトバンクの王監督。

現役時代、巨人軍で大活躍ですね。

その古巣の巨人の前人未到の、そして栄光の5000勝に喜びを隠せない模様w

やっぱり、スポーツ選手ならではですね。

さすが王監督!

◆ソフトバンク2−4楽天(2日、ヤフードーム) チームの9連勝が止まり、淡々と球場を後にした約40分後に決まった古巣のメモリアル勝利。一報を受けたソフトバンク・王監督は、球団広報を通じて「常に先頭に立ってプロ野球界をリードしてきた巨人軍が、前人未到の、そして栄光の5000勝を達成したことは喜びにたえません」と、祝福の言葉を寄せた。

 巨人では現役時代に通算868本塁打の世界記録を達成。監督としては1984~88年までの5シーズンで347勝をマークした。「これからも勝ち星を積み重ね、プロ野球の隆盛に尽力いただきたい。期待しています」と、力を込めた。

 巨人OBとして日ごろから、精神面の重要さを訴えている。「V9時代はみんな勝つのが当たり前。負けるのを悔しがっていた」現在の巨人は今季こそ首位を快走しているが、昨季まで4年連続でV逸。常勝チームを支えてきた指揮官は「勝ったことでうれしくなるようではダメ。勝ちから遠ざかると人間はそういうものに慣れてくるから」と、勝利へのこだわりを説いている。

 小笠原の加入などで打線もパワーアップ。高橋尚ら先発陣も好調だけに「今年はつながりある打線だし、あとは『勝つんだ』という気持ち」と語気を強めた。自らが率いるホークスも3年連続でプレーオフ敗退。巨人との頂上決戦を胸に秘め、まずはプレーオフ突破を目指す。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。