仕事そっちのけの社員急増中 by中国・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事そっちのけの社員急増中 by中国


株って結構難しそうですが。

損しそうだし。得するときは得なんだろうけど。

仕事をそっちのけにしてまでも株に夢中になってる社員が急増しているのがお隣の国、中国。

株ブームが起こっている中国では、仕事もそっちのけで株にハマる従業員に企業が頭を抱えていると中国の英字紙チャイナデイリーが30日付紙面で伝えた。

 

 同紙によると、最近上海や深センのオフィス街では、仕事を投げ出して株取引に熱中する会社員で業務が半ば麻痺している。社員がインターネットのメッセンジャーを利用し、お互いの株式情報を交換するのはまだカワイイもの。一日中受話器を握りしめて投資相談をしたり、勝手に席を外したまま証券会社に居座る者。上司が見ているのに頻繁にネットで株価を確認する者など“あり得ない”サラリーマン投資家が少なくないというのだ。さらには、取引が行われる午前9時30分から11時、午後1時~3時は、オフィス全体が証券会社の“トレーディングルーム”のような騒然とした雰囲気に包まれることもあると同紙は伝えた。

 

 韓国なら直ちに“株取引禁止令”が敷かれるところだ。しかし、貿易会社を営むタン・リヤンさんは「社員には、株取引もほどほどに」と注意する程度にとどまっていると言う。社会の風潮が、いくら社員でも“他人の金儲け”に口出しすることを許さないのだという。このため「最近、中国の企業では、株取引をしている同僚に話しかけたり、電話をすることが失礼にあたるという社会文化が生まれつつある」と同紙は伝えた。

 

 中国証券取引所によると、現在中国内の株式口座は総9000万口座で、中国の人口13億人のうち約7%が口座を持っているという。今年に入って新規開設された口座数だけで実に1100万口座。

 

 株ブームが追い風となり、昨年の上海総合指数は130%上昇し、今年も40%の上昇を記録した。

お互いの株の情報を交換って、意外と紳士的?

普通なら隠しておくのにね(笑)

株のブームで、中国は景気よさそう・・・

でも、仕事はきちんとしないとねえ。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。