バイオガソリン・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオガソリン


今月27日から「バイオガソリン」の試験販売が首都圏50カ所のガソリンスタンドで始まる。

(´-ω・)ン??

バイオガソリンって何だろう?

燃料・石油・灯油などがまたちょっと値上がりしてきてますからね。

安く済むほうには越したことはないですけどね。

今月27日から「バイオガソリン」の試験販売が首都圏50カ所のガソリンスタンドで始まる。

「バイオガソリン」とはトウモロコシやサトウキビなどの植物を原料としたバイオエタノールを混合したガソリンのこと。環境問題もあって、注目されている新エネルギーだが、案の定というか、「バイオ」を巡って、霞が関で壮絶な利権争いが繰り広げられている。

 最初に花火を打ち上げたのは農水省。「2030年までに国内ガソリン消費量の1割にあたる600万キロリットル」というとてつもない生産目標をブチ上げ、07年度予算で科学技術予算の大幅増を要求した。

「衰退する国内農業の振興策という触れ込みで、バイオ燃料の実用化推進には100億円もの予算が計上されています。これに猛反発しているのがエネルギー官庁の自負がある経産省。甘利経産相が『600万キロリットルの目標は政府見解ではない』とカミつきました」(霞が関関係者)

 このケンカに環境省が割り込み、農水省とタッグを組み、石油業界は経産省とつるんでいる。

「両者のケンカはバイオエタノールをガソリンに混ぜる方法の争いになっています。石油業界はETBT方式と呼ばれる方法でバイオの比率をなるべく抑えたい。環境省らはバイオエタノールをガソリンに直接混合する方式を使って、将来的には20~30%まで高めたい。業界は今回、ETBT方式で販売開始を急いだ。実績を作って、既成事実化を狙ったものと受け止められています」(霞が関関係者=前出)

 とはいえ、農水省は将来的には休耕田などで「バイオ――」用の作物を生産する方針で、販売ルートには農協系のガソリンスタンドを活用するプランもある。

 利権に目ざとい松岡農水相がついているだけに、この勝負は見モノだ。

Σ(・ω・ノ)ノ!食料を原料としたのが、「バイオガソリン」なのですね。

コレって食料難にならないのかな(-`ω´-;Aフキフキ

インフレ起きなきゃいいんですが。

しかし・・・なんか争ってますが・・・コレって一体どちらに軍配が上がるんでしょう。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。