代理出産、最高裁へ・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理出産、最高裁へ


向井夫妻の代理出産、イロイロと問題になりましたね。

小子化で大変なこのご時世。

子供がほしくてもできなくて、代理で出産を考えてる人も結構、海外ではあるんですよね。

でも、日本ではまだそこまで認められてないのも悲しいですよね。

向井夫婦の代理出産で生まれた双子の男の子、親子関係が認められなかったそうです。

 

代理出産で生まれた双子の男児との親子関係を認めなかった先月23日の最高裁決定を受け、タレント向井亜紀さん(42)が11日、夫の元プロレスラー高田延彦さん(44)とともに東京都港区のホテルで記者会見し、「決定文を何回も読んだ。がっかりしたし、怒りも覚えた」と落胆を隠せない様子で語った。高田さんを父として日本国籍を取得する出生届は提出せず、当面米国籍のまま育てるという。

 向井さんによると、出生届は同日が提出期限とされたが、母親の欄は代理出産した米国人女性としなければならない。女性との契約などで、母親と記載することはできないため、提出を断念した。

 最高裁決定では3裁判官が補足意見で「特別養子縁組」の可能性を指摘した。しかし、女性との契約問題などがあり、ハードルが高いことが分かったという。向井さんは「せっかくの指摘なのに、家裁で『大ざっぱなアドバイス』と言われた」と話した。

 向井さんは「時間と労力を掛けたスケールの大きな社会科見学だった。得るものはなかった」ときっぱり。高田さんは「(親子関係を認めた)高裁の決定は、死ぬまでお守りであり、宝物。(最高裁で破棄されても)幻ではない」と述べた。 

 不妊治療をしても、どうしても子供がほしくてもできないという夫婦はいるはず。

子供は未来の宝ですよね。

例え代理出産だとしても。生まれてきた子供には罪はありませんよね。

認められなかったのに、落ち込む気持ちもわかります。

まだしばらくはアメリカ国籍のままのお子さんたち。

日本では「養子縁組」というのがあるのですから、早く親子関係が認められるといいですね。

(引用元:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。