Willの勢いも止まらない!・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Willの勢いも止まらない!


発売から好調な任天堂Will。

コチラも負けてません(。・ω-)(-ω・。)ネー

07年度のWii販売台数は1400万台を予想してるとか。

(。-`ω´-)ンーさすが任天堂。

今年1年の売り上げ台数1400万台。

ゲーム業界も負けてられませんね。

任天堂(7974.OS: 株価ニュース , レポート)は26日、2008年3月期の「Wii」の販売台数を1400万台(07年3月期実績は584万台)、「ニンテンドーDS」の販売台数を2200万台(同2356万台)と予想した。ソフトは「Wii」向けを5500万本(同2884万本)、「ニンテンドーDS」向けを1億3000万本(同1億2355万本)と予想している。

 また、2008年3月通期の連結業績について、営業利益が前年比19.5%増の2700億円になるとの見通しを発表した。昨年11月に発売した据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」がフルに寄与するほか、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の販売が引き続き好調とみている。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト18人の予測平均値2533億円を上回った。

 大阪で会見した岩田聡社長は「究極的な目標はDSを1人に1台、Wiiを一家に1台普及させることだが、中期的にはDSとWiiのソフトが併せて年間3億本程度売れる市場を確立することが適切な目標」と語った。

 07年3月期の業績を押し上げる一因となった為替レートについては、08年3月期は1ドル=115円、1ユーロ=150円と設定。前年度末実績の1ドル=118円05銭、1ユーロ=157円33銭よりも円高に設定したため、営業外費用に約200億円の為替差損を見込んでいる。

 

 

 同日発表した07年3月期の連結営業利益は前年比2.5倍の2260億円で、過去最高となった。「ニンテンドーDS」がハード、ソフトとも世界的に販売好調だったほか、昨年11月に発売した「Wii」も順調な滑り出しとなった。

Willも去ることながら、DSの売れ行きもすごいですよねえ。

任天堂は。

DSのソフトも、かなりの数の販売。

どこまで伸びる?任天堂!?

(引用元:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。