福知山線事故から2年で追悼慰霊式・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山線事故から2年で追悼慰霊式


福知山線事故から2年迎えた25日。

、同市総合文化センターで追悼慰霊式が行われた。

この事故を機に安全対策は進んだものの、この2年でミスやトラブルは起きていた。

安全を追求し続ける決意を新たにしたこの日。

本当に安全第一で激務にならないようにしてほしいです。

107人が死亡、562人が重軽傷を負った兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故から2年を迎えた25日、同市総合文化センターで遺族や負傷者ら約1400人が参列し、追悼慰霊式が営まれた。

 事故を機に鉄道の安全対策は進んだが、JR西日本ではこの2年間もミスやトラブルが頻発。被害者や現場の献花台を訪れた市民らは、事故の記憶を風化させず、安全を追求し続ける決意を新たにした。

 午前9時に始まった式には犠牲者88人の遺族446人と負傷者135組の252人が参列。白い花が供えられた祭壇にろうそくがともり、事故発生の午前9時18分、全員で黙とうした。

 政府代表の冬柴国土交通相は「事故を風化させることなく、二度と繰り返さないよう全力で公共交通の安全対策に取り組む」と決意を述べ、JR西の山崎正夫社長は「安全を最優先する企業風土を作りあげることが、多くの犠牲に報いる唯一の道」と誓った。

誰もが利用する、JR。

遅れるのは困るけど、どんなことがあっても安全が一番。

その決意を新たに、安全対策を進めていってほしい。

(引用元:Yahoo1ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。