不二家 FC店廃業も増・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不二家 FC店廃業も増


大手菓子メーカー不二家。

ケーキや洋菓子などの販売を再開をはじめて1ヶ月経過。

再開直後は好調だったが、今現在、売れ行き・品数の不足から、低迷し始めている。

フランチャイズ(FC)店も、廃業している店が数多くなってきているとのこと。

再建の見通しが不透明になってきてますね…。

大手菓子メーカーの不二家がケーキなど洋菓子の販売を再開してから23日で1カ月たったが、再開直後は好調だった売り上げも品数不足などから低迷している。フランチャイズ(FC)店の廃業も日を追うごとに増えており、再建の行方は不透明感を増しつつある。
 販売再開後1~2週間は再開を待っていた人たちの需要もあって、洋菓子の売り上げは前年を上回っていた。しかし、現在はほぼ全店で前年同期の売り上げに届かない状況で、不二家は「低迷の一因は品数不足」(桜井康文社長)と説明している。実際、品数は以前の4~5割の80点弱にとどまり、ショーケースには同じ種類のケーキばかりが並んでいる。不二家は「何とか2カ月以内には100点に増やしたい」としているが、それでも販売停止前より少ないことに変わりない。
 不二家は洋菓子の販売再開前、FC店に対し「再開後は前年の7~8割、半年後には前年並みの売り上げが見込める」と説明していたとされるが、早期の売り上げ回復は見込みにくい状況だ。さらに、4月からはFC店に対する休業補償を打ち切り営業支援金に切り替え、FC店が手にする金額は大幅に減った。売り上げに不安があるうえ、支援金にも不満なFC店主を中心に店舗閉鎖は増加しており、23日現在で販売停止前の14%に当たる112店が廃業、閉鎖店はじわじわ増えつつある。
 不二家の経営を支援する山崎製パンは「不二家は『以前の4~5割程度の品数でいける』と判断していたはずだが……」(首脳)と不二家の見通しの甘さにいら立ちを隠さず、山崎との不協和音も懸念される事態になっている。

 ペコちゃんでおなじみの不二家が不調なのはちょっと残念ですね。

FCがなくなっていくと、お気に入りのケーキなどが食べれなくなるのが寂しくなりますね。

何とか、再建してほしいですね。

(引用元:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。