おでん缶に対抗するらーめん冠・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでん缶に対抗するらーめん冠


( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

こんなのができるとはw

おでん缶に対抗して今度はらーめん缶の発売。

らーめんといえば、やっぱりどこ?イロイロとありますけどね。

秋葉の名物がおでん缶だったとは露知らずw

おでん缶もさることながら、ラーメン缶もどんな味がするんだろう。

ちょっと試したいかも┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ 

秋葉原の名物といえば「おでん缶」。女子高校生や旅行のお土産にも人気を呼んだのは記憶に新しい。
おでん缶ブームの発祥の地である"チチブ電機"は、アキバツアーの観光スポットともなっている。おでん缶ブーム以後、新しい名物として、カレー缶が登場したが、おでん缶の勢いを止めるまでには至っていない。おでん缶の対抗商品として期待されたカレー缶の登場後から1年の歳月が経ち、今、新たなる刺客が現れた。

その名は「札幌らーめん缶」だ。
価格は、300円(税込み)。「醤油味」と「味噌味」の2種類。
●札幌らーめん缶とは?
札幌らーめん缶は、らーめんの缶詰だ。

ラーメンといえば、日本人にもっとも愛されている食品の一つでもある。ラーメン本の多さやらーめんを題材にした番組の多さなど、いまさら説明するまでもないだろう。町中のラーメン専門店は数知れず、食べるまでに長蛇の列を要する店も驚くほど多い。

日本人のラーメンに対する"こだわり"は、世界的にみても尋常なものではなく、らーめん店だけでなく、即席麺の世界も大きな市場を形成している。試しにコンビニエンスストアを覗けば、工夫を凝らしたカップラーメンがところ狭しと売り場を占領している風景をあたりまえのようにみることができる。カップラーメンは、食べるためには、"お湯"が必要であるが、札幌らーめん缶は、缶を開けたらすぐに食べることができるという、カップらーめんを凌ぐコンビニエンスな商品なのだ。

●内容物を見てみよう
・醤油味
蒟蒻、メンマ、豚肉、米粉、醤油、豚脂、みりん、ポークエキス、砂糖、食塩、酒精、かつおエキス、野菜(にんにく、しょうが)、香辛料、ごま、粉末昆布、植物油脂、りんご酢、煮干粉末、セルロース、調味料(アミノ酸など)、水酸Ca、着色料(クチナシ、カラメル)、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(V.E)(原料の一部に小麦を含む)。固形量:90g、内容量:290g。
写真:らーめん缶 醤油味

・味噌味
蒟蒻、メンマ、豚肉、米粉、味噌、豚脂、醤油、ポークエキス、砂糖、植物油脂、香辛料、食塩、野菜(にんにく、しょうが)、りんご酢、みりん、ごま、酒精、セルロース、水酸Ca、着色料(クチナシ、カラメル)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.E)(原料の一部に小麦を含む)。固形量:90g、内容量:290g。
写真:らーめん缶 味噌味

●らーめん缶の麺の不思議 麺はのびないのか?
ラーメンの缶詰と聞けば、不思議に思うのは、麺とスープの関係だ。一般に缶の中に麺とスープが混在しているのであれば、麺はスープを吸って"のびる"のではないかという疑問を誰しもが抱くだろう。

調べてみると、札幌らーめん缶は、通常の中華麺ではなく、新開発の"こんにゃく麺"を使用することで、"のびない麺"を実現したという。にわかには、のびない麺といわれても信じがたい。

そこで、さっそく実際にらーめん缶を開けてみて、中身を見てみることにした。
らーめん缶の蓋は、プルトップ式で、簡単に指で簡単に開けることがきる。
写真:らーめん缶の蓋

開けてみると、缶の上部までスープが満ちている。どうやら麺は本当にスープをすってないようだ。スープの中に、うっすらと麺が見える。
写真:らーめん缶 醤油味
写真:らーめん缶 味噌味

新開発の"こんにゃく麺"がスープを吸わないことは、確認できた。こうなると、気になるのが、スープをすわない麺は、どんな味なのか?、ということだろう。

これは、試食してみるしかない!

●らーめん缶の"こんにゃく麺"の味は?
らーめん缶の具である、麺とチャーシュー、メンマをとりだして、付属の二つ折りの組み立て式フォークで、試食をしてみよう。
写真:らーめん缶 醤油味の中身
写真:らーめん缶 味噌味の中身
写真:付属の二つ折りの組み立て式フォーク

醤油味は、確かに札幌系の醤油ラーメンの味で、和風出汁系といった感じだ。味噌味のスープは、赤だし系の味噌風味で醤油味より、コクがある。ただ、どちらもスープは若干薄めで、塩味はやや濃い印象だ。

気になる"こんにゃく麺"だが、見た目はつるっとした中華麺風だ。実際に一口するとこんにゃくということがハッキリわかる食感だ。とはいえ、麺といえば麺として食べられる。

食したみた感想だが、"こんにゃく麺"ということもあり、ヘルシーなラーメンという印象だ。スープもさっぱりしているので、するっと食べることができるだろう。
ラーメン通の人には、これをラーメンとは認めないという人もいるかもしれないが、コンビニエンスなラーメン系食品としては、なかなかの一品ではあるだろう。
らーめん缶が、おでん缶に続くヒット商品となるかは、わからないが、今後に期待したい製品だ。

秋葉原に立ち寄った際は、是非、一度、暖かい"らーめん缶"を体験してみてほしい。

製品名:札幌らーめん缶
発売元:UMAI FU
購入店:あきばお~
価格:300円(税込み)

北海道の名物&お土産になりそうなョカ━( ´_ゝ`)━ン

ちょっとコレをもらったら面白いですねぇ。

でも、缶なら捨てる・処分がめんどくさそうw

(引用元:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。