携帯電話2つ折が7割を占める・国内・海外・経済・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・地域情報など、さまざまなジャンルの気になった出来事・話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話2つ折が7割を占める


私の携帯電話も2つ折のタイプ。

2つ折のタイプの携帯電話がほとんど主流でしょうw

エェェΣ(・ω・ノ)ノェェエ

そりゃ最近じゃコンパクトですがw

ソフトバンクのストレート型で.9インチの横型 QVGA 液晶ってw

こんなにコンパクトじゃなくてもいいのでは?私なら忘れそう…持っているのを。 

携帯電話の本体タイプは、かつてはストレート型が主流であったが、本体の小型化と液晶の大型化という流れの中で、これらを両立できる「二つ折り」あるいは「折りたたみ」と呼ばれるタイプの本体構造が完全に主流となっている。

二つ折りの3Gケータイでは“最薄”として話題となった「 N703iμ 」は、2.3インチの大画面を備える。これに対してソフトバンクの“最薄”ストレート端末の「 SoftBank708SC 」は、1.9インチの横型 QVGA 液晶だ。

大画面とコンパクトさを両立できる二つ折りは日本のケータイの標準的な本体構造となっているが、ユーザーはこれをどのようにとらえているのであろうか。

インターネットコム株式会社と株式会社クロス・マーケティングは「携帯電話の本体タイプに関する調査」を行い、携帯電話ユーザーの「本体構造」に対する意識を探った。

調査対象は、首都圏に住む10代~50代の携帯電話・PHS ユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代20.0%、20代20.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%。

まず、全ての回答者に手持ちの携帯電話の本体タイプを尋ねた。二つ折りユーザーは83.3%(250人)と8割を超えている。それに次いだのは、デジカメ風の横持ち撮影ができる「2軸回転」で8.7%(26人)だが、二つ折りの10分の1程度だ。

コンパクト・薄型になるのはいいですけど。

荷物が重くならなくて(マテ

でも、なくしそうな感じがあるから、それなりのサイズでもいいと思うんですけどねぇ。

(引用元:Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © その日の気分・その日の出来事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。